TEL 0859-24-0363

組合とりねつについて

組合概要

組合名 鳥取県金属熱処理協業組合
Tottori Metal Heat Treatment Cooperative Association
設立 1980年(昭和55年) 4月
役員 理事長 森脇孝
副理事長 齋木憲久、並河元
専務理事 馬田秀文
理事 勝原章、小林弘直、小林健一、安田和雄
監事 八木智一、山本泰嗣
組合員数 57名
出資金 2,000万円
従業員数 34名 (男性27名・女性7名)
博士 (工学) 1名
鳥取県高度熟練技能士
(金属熱処理)
とっとりマイスター認定数 6名(内退職者3名)
金属熱処理技能士
(一般熱処理作業)
特級 14名 (男性13名/女性1名)
一級 5名 (男性5名)
二級 6名 (男性4名/女性2名)
金属熱処理技能士
(浸炭・浸炭窒化・窒化処理作業)
一級 6名
金属熱処理技能士
(高周波・炎熱処理処理作業)
一級 1名
金属材料試験技能士 二級 3名 (男性2名/女性1名)
品質管理検定
(QC検定)
二級 2名
三級 5名
工場敷地 9,916.07m²
建物面積 2,609.92m²




工場見学・講演依頼

工場見学はご希望により随時対応いたします。
講演依頼・インターンシップも受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ窓口 庶務係 中島さつき
TEL 0859-24-0363
E-mail nakashima@torinetsu.jp

お問い合わせ

 

経営理念

とりねつは熱処理事業により、
職員とその家族の幸福と、
関係する企業・地域・社会の発展に貢献する

 

経営方針

とりねつは、安全・快適な職場で、
地球への環境影響を最小限に留めながら、
顧客の満足を得る熱処理技術を提供する

  1. 安全衛生、環境、品質マネジメントシステムの維持管理
  2. “とりねつブランド”の確立
  3. ワーク ・ライフ ・バランスの定着

組合員一覧

 

2020年1月現在

浸炭熱処理01
組合概要とりねつについて
工場外観
組合沿革とりねつのこれまで
集合写真2019
スタッフ紹介とりねつの職人・スタッフ紹介